株式公開の罠

著者:admin

株式公開の罠

健全な会社であれば、株式を公開しても良いのではないかと思われるかもしれません。しかしコンサルティングファームにとって、事態はそれほど単純ではありません。株式公開のメリットとしては、資金調達の他、知名度の上昇などが考えられます。一方、それを上回る可能性のあるデメリットが存在します。

中でも大きいデメリットは、株主の意向に従わなければならない点です。

株主は基本的にコンサルタントとしての矜持に関心がありません。

ただ利潤を増やすことだけを求めてきます。

しかしコンサルタントとしての誇りを犠牲にして利益を追求することは、創業以来の企業理念を蔑ろにすることに繋がります。コンサルタントとしてそれが許せなければ、株式公開はやはり難しい相談なのです。

コンサルタントとして十分社会貢献しながら、同時に利益を追求することはできないのかと思われるでしょうが、そのようなスーパーマンは稀有だという他ありません。特に戦略系コンサルタントは論理思考そのものを売りにしているわけですから、効率的に人材を確保して働かせることは事実上不可能です。

もし利益を増やすことを優先すれば、当然受注数を優先することとなり、質の高いコンサルティングを提供できなくなります。過去にあった事例ですが、違法行為に手を染めてまで利潤を作ろうとするコンサルタントも出現し兼ねません。

そのように考えると、コンサルタントが株式公開に踏み切るのは、業界内では禁物とされているのも頷けます。もちろん一部のコンサルタントは株式公開との相性が良いため、パートナー制を捨てるのも選択肢でしょう。

例えばシステム開発も兼ねているコンサルタントは規模も大きく、助言よりも実行に重きを置いた業務に投資するのであれば、収益向上も期待できます。

著者について

admin administrator

コメントを残す