コンサルタント業界における「~系」

コンサルタント業界に興味を持っている新卒の学生は、「~系」と冠された企業紹介を目にすることがあるでしょう。

しかしこの「~系」はあまり気にかける必要がありません。

というのも、一昔前であれば系列ごとに特色がはっきりと表れていましたが、最近はファームごとの差別化が激しく、系列の意味が薄まっているからです。

もちろん求職者としては、そのファームの企業理念や創業者の哲学を認識しておくことは大切ですが、その理念通りにファームが成長しているとは限らないのも現実です。参考にする分には構いませんが、それを決定打とするのは間違いです。因みに戦略系と呼ばれるファームは数多く存在しますが、戦略系と謳っていないファームであっても戦略立案は請け負っていますし、逆に戦略系のファームがインプリメンテーションを担っていることもあります。

さて、コンサルティングファームは偉そうに助言するわけですが、自社の経営についても知悉しているのでしょうか。現実を見ると、首を傾げたくなります。

コンサルタントの会社だからといって、経営が順風満帆だとは限らないのです。

ただ外部からファームの経営状況を探るのは非常に困難です。

というのも、コンサルティングファームは経営形態をクローズドなものにしているところが多く、経営に関する数値のほとんどが非公開になっているからです。

つまりコンサルティング業界の売上高や利益額等は、専ら推計で算出するしかないのです。これをパートナー制と呼びます。

筆者が専門的見地から推測した事例によれば、資本金は戦略系が6000万前後、会計事務所系が2億円前後でした。従業員数は戦略系が200人、会計事務所系が3000人でした。この従業員数の開きは納得できるものです。

何故なら、戦略系は少数精鋭であるのが一般的だからです。

逆に会計関連のファームでは、システムエンジニアやプログラマーを数多く雇い入れる必要があります。